気持ちは私にもわかります

浮気調査を探偵に依頼するとき、調査対象者の関係先をあたって情報を集めます。

そのため、依頼主に提供する探偵の業務は、違法なのではと不安に思う人も少なくありません。

しかし、そこはご心配なく、探偵業法を遵守していれば、違法ではありません。

2000年代中頃にこの法律が制定される前は、個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がありませんでした。

ですが、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの問題を防止するべく施行されました。

私の友人も先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

結婚する前からと合わせると、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと、生理的な嫌悪感を覚えると言ってました。

そのため、男性の性病検査キットをネットで購入したそうです。

最近では、風俗店の女性よりも、一般の女性の方が性病を持っている確立が高いそうですから、性病検査キットで検査したい気持ちは私にもわかります。

それに、最近の性病検査キットの精度は非常にすぐれていて、病院で検査するのとあまり精度はかわらないそうです。

でも、今さら友人の夫について知りたいとも思いませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。

これは男性の本能なんでしょうか。

友人の夫は、平謝りだそうですが、今さら謝られてもこれから一緒にいる意味がありませんよね。

なので、友人は一応、性病検査キットで検査して、自分に感染していないか確認した後は、別居とかいうのでなく、即離婚すると言ってました。

スマホユーザーが増えた昨今では、友人の夫みたいに、隠し続けていた不倫がバレるという例が少なくありません。

過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのフリーメールを含むメールや、LINE履歴に浮気の証拠が残っているそうです。

しかも、スマホにロックをかけているのだったら、おそらくスマホの中は、不倫や浮気の証拠だらけでしょうし、本人のガードも堅いと思います。

不倫には代償がつきものとは言いますが、友人の夫みたいに、ある日突然、奥さんから、離婚と慰謝料を求められることも充分考えられますね。

それにしても、男性の性病検査キットの精度には、驚きました。