肌トラブルやかゆみの原因

肌トラブルやかゆみの原因は、皮膚炎やあとピー性皮膚炎なことも少なくありません。

しかし、ドライスキンが原因になっていることも多く見受けられます。

特に日本は冬は乾燥しがちですから、CMでも乾燥肌のかゆみ用のクリームを宣伝しているのをよく見ますよね。

これらを使用すると、かゆみが治まることがありますが、すぐ治らなければ皮膚科を受診した方がいいと思います。

なお、化粧水や乳液をつけないとどうなるかというと、ほとんどの人は肌がボロボロになることをイメージすると思います。

ですが、正解はまったく別で、実は肌は強くなるそうです。

そのため、化粧品の力というのは肌への負担が増えるので、それをすべて取り除くためにワセリンだけを使うのが1番良いスキンケアなんだそうです。

私もまったくの我流ですが、スキンケアをとおしてわかってきたことがあります。

例えば、肌がふわっと弾力のあるときはシワができにくく、もし出来たとしても回復しやすいと言う事です。

いずれ歳を取ってシワシワになるとしても、若く見える年数が長けりゃ長いいほど嬉しいですよね。

だから、スキンケアは気をつけなくてはいけないのです。

私は美容サロンに勤務している姉に勧められて、手創りコスメで人気のあった炭酸水で作るフェイスパックをつづけています。

すると、肌のやわらかさを実感したのと同時に、シワが気にならなくなってきて、びっくりしました。

もしかすると、首もやっておいたほうがシワが消せたのかも・・・

今はお風呂上がりの保湿には、葡萄樹液ジェルを使っています。

葡萄樹液ジェルを使い始めて、シワやシミといった肌につきもののトラブルも改善されてきた感じがしています。

ちなみに、肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つに、ハチミツがあります。

はちみつの含有成分には、シミの元になっている色素を目立たなくなる働きがあるそうです。

そのため、皮膚に現れたシミやそばかすなどを目立ちにくくしてくれるそうですよ。

なので、顔にできたシミを気にされているのなら、葡萄樹液ジェルかハチミツを使ってみてください。

 

 

スキンケアのやり方をちょっと変えるだけ

乾燥肌にお悩みの方は多いと思うのですが、スキンケアのやり方をちょっと変えるだけでも、お肌は見違えるように良くなります。

例えば、洗顔用石鹸をモコモコに泡立てて洗い、ぬるめのお湯で洗浄することで、乾燥肌ともさよならすることができるのです。

反対に、拭き取り型の洗顔シートを利用すると、お肌を乾燥させてしまう洗顔方法となってしまいます。

洗顔シートでは、お肌に大事な皮脂も落としてしまうので、このスキンケア方法はあまりお薦めしません。

なお、アトピーにかかっている人は、お肌が敏感な人用の天然成分のみを配合しているようなスキンケア化粧品を使うと良いですね。

元々、アトピーは塩水によって治すことが可能であるという説も昔からあるんです。

なので、浴槽のお湯に塩を混ぜたり、夏は海で海水浴をつづけると、お肌の状態がかなり改善するといわれています。

しかし、実際のところ、アトピーの箇所にはかき傷があることがほとんどなので、この方法では傷口が大変しみて痛いのが欠点です。

ここ最近、私はエイジングケアに夢中になっています。

早くからコツコツと老化に関心を持ってスキンケアをしていると、2、3年後にはお肌の違いが明らかに違ってくる思うのです。

なので、私が今お気に入りで使っていたコンシダーマルでシミ消えた状態も不自然ではないのです。

ただし、どんなスキンケア方法であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることがあります。

それは、お肌にとって刺激的な成分ができるだけ含まれていないコンシダーマルなどの化粧品を選ぶことを優先しましょう。

特に保存料などは刺激が強く、かゆみや赤みを引き起こしがちなので、成分表示を充分に見て確認しましょう。

つまり、CMや値段に惑わされず、自分に合ったものを選ぶことが大事だということです。